レディ

妊娠線を予防したいなら専用のクリームを塗ろう

出産後の綺麗な肌のために

妊婦

しっかり対策をしよう

妊娠して気になることの一つに「妊娠線」というものがあります。妊娠線は、お腹やバスト、二の腕、太ももなどにできる赤紫色の皮膚の断裂です。妊娠5ヶ月にもなるとお腹がどんどん大きくなってきますよね。その急激な皮膚の伸びについていけずに、皮膚の下の真皮が引き裂かれてしまうのです。これは、おへそを挟んで縦1本線にできる人もいれば、網目状に全体的にできてしまう人もおり、個人差はありますが、約7割の人が悩まされるそうです。さらに妊娠することでコルチコステロイドというホルモンが増加します。このホルモンは、肌の新陳代謝を抑える作用があり、肌の調子は悪く、弾力を失い断裂が起きやすい状態になってしまうのです。この妊娠線、産後にケアをしても、完全に消すのは難しいようです。でも、できることなら予防したいですよね。それには、妊娠中のクリームによるケアがとても重要です。妊娠線の予防用のクリームやオイルなど様々な種類があります。クリームは、しっかりと保湿できたり、乾燥を防ぐ成分が含まれているか、引き締め効果はあるか、をしっかりと見極め、自分の肌や予算に合ったものを選ぶと良いでしょう。高いものを買うのも良いですが、無理をせずに自分の予算に合ったもので、しっかりと続けられるものを選ぶのも重要です。使い方はとっても簡単です。入浴後、クリームを全身にたっぷりと優しくマッサージをするように塗ると良いでしょう。ゆっくりリラックスしながら行うことでストレスの緩和にもつながりますね。ですが、いくら予防をしていても、妊娠線ができてしまうことももちろんあります。できてしまった後も、諦めずに続けるようにしましょう。毎日のケアが妊娠線の予防にはとても効果的です。妊娠中から気をつけて、出産後も綺麗な肌を保ちましょう。