妊婦さん

妊娠線を予防したいなら専用のクリームを塗ろう

保湿力と浸透力の両立

女性

成分や香りもチェック

一度表れてしまうと痕が残りやすい妊娠線を予防するには、クリームを使ったマッサージが有効です。しかし何を使っても同じ効果が得られるとは限らないため、妊娠線の予防に適したものを選ばなくてはなりません。マッサージに使うクリームを選ぶ際、最も重要なポイントとなるのは保湿力です。それも表皮のみならず、真皮にも働きかけるようなものを使わなくてはなりません。何故ならば妊娠線が表れる際皮膚の断裂が始めに起こるのは、表皮の更に奥にある真皮の部分だからです。セラミドを始めとする各種保湿成分に加え、肌への浸透力を高めるビタミンやコラーゲンやアミノ酸等の生成を助けるような成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。種類が多すぎて悩んでしまうという場合には、始めから妊娠線予防目的で作られたクリームを選ぶのも一つの手段です。さらに有効成分以外に何が配合されているかも見ておく必要があります。妊娠中の肌は普段よりも刺激に弱い状態となっています。可能な限り添加物を避けた自然由来のものを選ぶようにしましょう。実際に手に取れるようであれば、香りも確認しておきたいところです。肌だけでなく嗅覚も妊娠以前とは異なっているため、以前は何ら不快に感じなかった香りが鼻に付いてしまう場合があります。妊娠線予防のマッサージは毎日続ける必要がありますので、リラックスできるような香りのクリームを使うことが大切です。肌が柔らかくなっている入浴後に行えば、さらに効果を高められます。その際はクリームを手のひらで一旦馴染ませてから優しく肌に伸ばしていくようにしましょう。

専用グッズを使うメリット

お腹

妊娠線を予防するためには、きちんと皮膚を保湿するのがベストです。そのための専用クリームも、しっかりと活用してみてください。保湿成分がしっかりと配合されたもので、先輩ママたちの評価が高いものを選択すると安心です。

出産後の綺麗な肌のために

妊婦

妊娠すると「妊娠線」というものが気になってきます。この妊娠線は、お腹などにできる赤紫色の皮膚の断裂です。この妊娠線、産後にケアをしても完璧に消すのは難しいので、しっかりと対策を行いましょう。予防には、妊娠中のクリームによるケアが効果的と言われています。

妊娠線の予防はクリームで

美容クリーム

妊娠線が気になる方は、毎日お腹やお尻などにクリームを塗って予防しましょう。妊娠線の予防クリームは、皮膚にうるおいを与え、伸びやすい状態にすることを目的にしています。妊娠線を完全に防ぐことは難しいのですが、やはりケアするのとしないのとでは差が出ます。続けやすいものを選んで、毎日優しくケアしましょう。